脂漏性角化症を治療しよう|簡単カットで悩みも解消

Hospital

高齢でできやすくなるイボ

女性

高齢になってくると目立ってくるイボは、脂漏性角化症と言われる現象です。この脂漏性角化症は、顔や首、背中や腕などいろいろなところにできます。特に紫外線があたる部分に多くできるようになり、イボが変色して大きくなることもあります。こういった脂漏性角化症は珍しいことではありませんが、イボが大きくなって皮膚がこすれたりする場合もあるので気を付けなければいけません。脂漏性角化症で困っている場合は治療を受けることができ、イボを切除していくことになります。治療には種類があり、電気を使ってその部分を焼いていく方法や、冷凍療法にレーザー治療などです。脂漏性角化症が大きい場合はメスを使って切除し、その後縫合をすれば問題ありません。高齢になって目立ってきた場合は、悩むことなく治療を受けていけば見た目もきれいになり、支障をともなうこともなくなります。

脂漏性角化症が起きてくる原因は、紫外線の影響を受けた皮膚の老化によるものです。脂漏性角化症は皮膚が次第に盛り上がってくるようになり、その形や色もさまざまです。たまに若い人に見られることもあり、遺伝性も考えられる症状です。また、脂漏性角化症は良性の腫瘍となるので、まずはそれを判断するために検査をしていきます。この脂漏性角化症が見られる部分は、ほとんどが皮膚が紫外線に当たりやすい部分となります。そのため、紫外線をたくさん浴びてしまう部分に集中してしまうので、なるべく紫外線に当たらないように対策していくことがおすすめです。脂漏性角化症は症状が目立たないうちに治療をしていくことで、負担も少なく治療後の回復も早くなります。