脂漏性角化症を治療しよう|簡単カットで悩みも解消

看護師

老人性イボの治療

患者

脂漏性角化症は加齢に伴って主に顔や頭部などにできるイボのことで、老人性イボなどと呼ばれることもあります。美容上の観点から治療を望む人が増加しており、外科手術やレーザー治療などさまざまな治療技術が提供されています。

詳細へ

高齢でできやすくなるイボ

女性

高齢者の顔や首によく見られるイボは、脂漏性角化症と言われる老化現象です。良性の腫瘍となるので特に問題はありませんが、見た目や皮膚の摩擦などで困ったときは治療が受けられます。イボの状態により切除方法も異なりますが、問題なくきれいに取り除くことができます。

詳細へ

イボが気になりだしたら

女性

支障が出てしまうことも

脂漏性角化症とは別名老人性イボとも呼ばれ、加齢によりイボが顔や首元などにできてしまう症状です。そのイボは大小さまざまで、黒く変色しているものもあります。この脂漏性角化症は特に高齢者に多く見られますが、若い人にも起きてくることがあるので特に珍しくはありません。原因は遺伝や紫外線の影響によるもので、徐々にイボが目立ってくるようになります。こういった脂漏性角化症は、服や下着でこすれてしまったり、目元にできている場合は視界を塞いでしまう支障も起きてきます。脂漏性角化症を放置してしまうとこのような悩みも出てきてしまうので、1度病院で診てもらうことが大切です。主に皮膚科などで負担を少なくした方法でイボを取り除いてくれるので、脂漏性角化症は諦めることはありません。見た目が気になるようなことも含めて、脂漏性角化症を解消していくように考えてみることもいいでしょう。

予防と治療

脂漏性角化症を事前に防いでいくには、極力紫外線に当たらないようにすることです。帽子や服で肌をできるだけ隠すようにしていけば、予防につながります。脂漏性角化症でできてしまったイボは、レーザーの照射や凍結療法を使って取り除くことができます。大きなイボは切除していく方法もありますが、傷跡が残らないように慎重に行われるので心配いりません。脂漏性角化症はイボが大きくなってしまうこともあるので、なるべく早めに治療を受けていくことがおすすめです。これを受けることでスッキリとした印象を取り戻せるので、メリットになることは大きいです。高齢の人で治療が心配な場合は、家族に相談したり付き添いをお願いしたりするのがいいかもしれません。

皮膚の老化現象

Man

皮膚の良性腫瘍である「脂漏性角化症」は、一般的に「年寄りいぼ」とも呼ばれています。命に関わる危険性はく、あくまでも老化現象のひとつであり病気ではないと言われています。発生した腫瘍の状態は様々であり、主に40代以降、年齢を重ねていくにつれ、顔・頭・胸・背中などに発生する傾向にあります。

詳細へ