専門学校に通うための流れ

男女

体験授業&資料請求をする

専門学校には学校を紹介する資料や体験授業があります。最初に資料請求して学校内容を見ます。それから体験授業を参加して、資料ではわからない雰囲気を肌で感じてください。それで入学するかどうかの最終決定を自分の中で決めましょう。

出願して入学意志を伝える

体験授業に参加したら、願書と必要書類などが配られます。それを記入して専門学校に郵送するのです。もしも出願に関することでわからないことがあるなら、必ず専門学校スタッフに問合せしてください。

入試が待っている!

入試には2種類あります。一般入試とAO入試です。一般入試では小論文か一般常識・それに面接があります。AO入試では出願者の人物像を学校側が確認して、希望とする学生像に当てはまるかどうかで合否を決めます。

合格したら入学金を支払い入学!

合格したら入学金を収めます。教育ローンなども利用可能なので詳しくは専門学校で相談するといいですよ。支払いが完了したら晴れて専門学生となります。

【売れる漫画家になるには通うべし】漫画専門学校を知ろう!

ゲーム機

売れっ子漫画家になるにはイバラの道

星の数ほどいる漫画家の中で、ほんの一握りが売れっ子漫画家になる厳しいイバラの道のある漫画界。売れる漫画家になるには画力はもちろん、技術に知識が必要となります。でも画力があるけど構成力に欠けていたり、知識はあるけど画力がないと売れる確率はほぼ無いに等しいです。独学で全てを身に着けようと努力する方も多いですが、そうすると成長に限界を感じ、結果、漫画家の夢すらやめるということになるケースも多いです。

ゲーム機

専門学校に通えば安心

売れっ子漫画家になるためには大きな努力をしなければと不安に思うことでしょう。でもご安心を!イバラの道をあるくことなく、簡単ではないけど安全に歩ける道があります。それは漫画専門学校に通うことです。

ゲーム

着実にスキルを磨ける専門学校

漫画専門学校では売れっ子漫画家になるための勉強をすることができるため、独学で学ぶよりも遥かに効率良く知識を深めることができます。それに、専門学校の講師はイバラの道を経験している方ばかりと言われているため、貴重な経験や知識を学ぶことができるのです。それに売れっ子漫画家には専門学校卒業がかなり多くいるため、夢に近づくスキルもつきます。

夢は諦めたらそれまで!

漫画家になるには専門学校に通う方がベストですが、それはゲーム制作を夢見る方も同じです。たとえ漫画やゲームなど進むべき道が違くても夢を諦めたらそこで試合終了です。専門学校では夢を叶えるためのサポート体制がしっかりしているので、安心して夢を叶えましょう。